寛延2年の井関池堤防決潰

災害年月日
1749年08月15日
市町村
香川県観音寺市(大野原町)
災害種類
風水害  
概要
寛延2年(1749)7月3日、洪水により井関池の堤決潰。午前6時頃から東うてめを流れ出す余水の水位が7尺(約2.1m)を超え、どんどん水嵩が増した。午前10時頃には1丈3尺(約4m)を超え、ついに堤頂を超えてあふれ出し、東うてめから西40間程(約72m)も決壊し、土石流が流れ出した。(「池々之覚」による)
地理院地図
Googleマップ
参考画像
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
新修大野原町誌編さん委員会編「新修 大野原町誌」(大野原町、2005)、450頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
洪水 井関池堤防決潰 池々之覚
NO.
香川2648

よく似た災害

正保2年の井関池堤防決潰

image

正保2年(1645)7月、井関池堤防再度決潰。 続きを読む

慶安元年の井関池堤防決潰

image

慶安元年(1648)2月、大雨のため井関池堤防、三度目の決潰。 続きを読む

正保元年の井関池堤防決潰

image

正保元年(1644)8月末、大雨のため、井関池堤防決潰。 続きを読む

寛延3年の井関池決潰

image

寛延3年(1750)、井関池東字手目決潰。 続きを読む

安政4年の井関池堤防の大破

image

安政4年(1857)4月25日から豪雨が続き、26日午後8時頃樋を含む堤が堤頂で30間2尺(約55m)にわたり大破。 続きを読む