明治32年の洪水

災害年月日
1899年08月28日
市町村
香川県三豊市(仁尾町)
災害種類
風水害  
概要
明治32年(1899)8月28日、大雨が降り続き、各所で濁流により多くの人家が流された。仁尾の海岸には、難破船とともに33の遺体が打ち上げられた。これらは漁民によって南の墓地に埋葬され、「溺死三十三霊之塔」が建立されている。
地理院地図
Googleマップ
備考
打ち上げられた三十三の遺体は、別子銅山水害により濁流に流され溺死した人々の遺体である。溺死三十三霊之塔が仁尾町の南墓地に建立されている。
参考画像
参考文献
仁尾町文化財保護委員会編「仁尾の歩み」(仁尾町文化財保護委員会、1969年)、48頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
大雨 洪水 死者 三十三霊之塔
NO.
香川2839

よく似た災害

明治32年の台風

image

明治32年(1899)8月28日、大暴雨風により四国各地は洪水の被害に見舞われた。別子山村からも多数の人々が濁流に押し流され、一部は国領川から瀬戸内海... 続きを読む

昭和34年の伊勢湾台風

昭和34年(1959)11月20日、伊勢湾台風(台風15号)により、白鳥港、須賀海岸の防波堤が崩壊。激波のため無数の鳥貝が海岸が打ち上げられた。(「香... 続きを読む

安政元年の地震

嘉永7年(1854)、伊豆、相模を震源とする大地震により7日7夜、大津波があり、立江と櫛渕の境まで津波で魚が打ち上げられ、拾う人が多かったという。 続きを読む

宝永4年の地震

宝永4年(1707)10月4日、大地震が起こった。奥宮正明の「谷陵記」によると、入野郷では井田、浮津、入野、鹿持、下田ノ口の5村が亡所(村全体が全滅状... 続きを読む

昭和33年10月の強風

昭和33年(1958)10月25日~26日、西高東低の気圧配置となり、海岸線では海上の強風によって激浪が打ち上げ、西に面する海岸線の各所で被害が出た。... 続きを読む