明和9年の洪水

災害年月日
1772年09月18日
市町村
香川県三豊市(豊中町)
災害種類
風水害  
概要
明和9年(1772)8月21日、大洪水により、本山寺観音堂の縁の上20cm程が濁水におおわれて、その後1週間も水が引かなかった。
地理院地図
Googleマップ
参考画像
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
豊中町誌編纂委員会編「豊中町誌」(豊中町、1979年)、105-106頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
洪水 本山寺
NO.
香川3050

よく似た災害

明和9年の洪水

明和9年(1772)、大洪水のため、本山寺の観音堂の縁の上を20cmもの濁水が覆い、一週間引かなかったという。 続きを読む

明治19年の洪水

明治19年(1886)秋、和泉の土手が3.6kmにわたって壊れ、余土の土手も4箇所壊れて、水が余土地区に流れ込んだ。家も田も浸水し、3日~4日水が引か... 続きを読む

昭和15年の晩霜

昭和15年(1940)5月6日、大陸からの移動高気圧におおわれ、関東以西の山地で晩霜があり、桑、果樹、茶等に被害が出た。高知県では窪川等でかなりの強霜... 続きを読む

昭和26年の干ばつ

昭和26年(1951)7月20日から8月16日まで、太平洋高気圧におおわれて日照りが続き、本県では36年ぶりの干ばつとなった。被害は水稲29,563反... 続きを読む

大正3年の干ばつ

大正3年(1914)7月14日~8月21日、南方高気圧におおわれ、暑い晴天が続き、総降水量は20ミリと僅少であった。(「愛媛県史概説」による) 続きを読む