昭和43年の大雪

災害年月日
1968年02月15日
市町村
香川県三豊市(財田町)
災害種類
雪害  
概要
昭和43年(1968)2月15日の豪雪により、財田町では戸川で45cmの積雪を記録した。このため、県下の主要道路が麻痺状態になり、交通事故が相次いだ。また、国鉄の運休、183,200戸の停電、電話の一部通話不能、アーケードの倒壊などさまざまな被害が出た。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
新修財田町誌編纂委員会編「新修 財田町誌」(財田町、1992年)、55-56頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
豪雪 国鉄運休
NO.
香川3123

よく似た災害

昭和47年2月の大雪

昭和47年(1972)2月9日夜から降り始めた雪は、10日朝まで断続的に降り続き、池田39cm、一宇35cm、岩倉33cm、穴吹10cmの積雪となった... 続きを読む

昭和47年2月の大雪

昭和47年(1972)2月9日夜から降り始めた雪は、10日朝まで断続的に降り続き、池田39cm、一宇35cm、岩倉33cm、穴吹10cmの積雪となった... 続きを読む

昭和47年2月の大雪

昭和47年(1972)2月9日夜から降り始めた雪は、10日朝まで断続的に降り続き、池田39cm、一宇35cm、岩倉33cm、穴吹10cmの積雪となった... 続きを読む

昭和43年の大雪

昭和43年(1968)2月15日、雪が降り続き、40cm以上の積雪を記録した。豪雪は香川県一帯に及び、国鉄の運休、主要道路の通行不能により交通はまひ状... 続きを読む

昭和47年の大雪

昭和47年(1972)2月10日、低気圧が発達しながら四国沖を通過したため、9日夜から降り始めた雪は10日朝まで断続的に降り続き、池田で39cm、一宇... 続きを読む