明治30年の水害

災害年月日
1897年07月24日
市町村
香川県三豊市(財田町)
災害種類
風水害  
概要
明治30年(1897)7月24日、本篠川の大水害により、中元で家屋が壊れ、牛が水死した。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
新修財田町誌編纂委員会編「新修 財田町誌」(財田町、1992年)、56頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
水害 本篠川
NO.
香川3124

よく似た災害

明治42年の水害

明治42年(1909)4月7日、低気圧による雪解け水で、6、7尺(約2m)増水。井川町の辻渡船場では渡船が転覆し、17人が水死。 続きを読む

明治26年の水害

明治26年(1893)10月14日、水害により田野村で家屋の全壊2戸、破損1戸、浸水36戸、耕地の流失・立毛損毛等140町余、堤防決壊1,600間余、... 続きを読む

大宝元年の台風

大宝元年(701)8月21日、讃岐、伊予など17国で蝗、大風により、百姓の家屋が壊れ、収穫に損害。(「日本気象史料(続日本紀)」による) 続きを読む

明治42年4月の風雨

明治42年(1909)4月6日~7日、低気圧、風雨被害、渡船場で17人が水死。(「辻風土記」による) 続きを読む

明治42年4月の風雨

明治42年(1909)4月6日~7日、低気圧、風雨被害、渡船場で17人が水死。(「辻風土記」による) 続きを読む