明治29年8月の洪水

災害年月日
1896年08月30日
市町村
香川県綾川町(綾上町)
災害種類
風水害  
概要
明治29年(1896)8月30日、大洪水により、綾上町で堤防や諸所が破壊後、則神社の馬場120間、鳥居が流れた。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
綾上町教育委員会編「綾上町誌」(綾上町、1995年)、32頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
洪水 則神社
NO.
香川3210

よく似た災害

明治25年の洪水

image

明治25年(1892)7月23日、大洪水により、山田堰の堰体及び水越が破壊された。(「山田堰」による) 続きを読む

明治43年の洪水

明治43年(1910)、大洪水により、栗原橋、俊則橋、長田橋が流失、堤防諸所崩壊。 続きを読む

明治32年の洪水

明治32年(1899)7月9日、大洪水のため、紅葉橋が流失し東に流れ、新月橋の南の田の上を流れた後に柳原橋付近で鏡川に戻り、天神橋に激突し天神橋の中程... 続きを読む

明治23年の洪水

明治23年(1890)7月、大洪水により、尾川川などの堤防や堰が破壊され、田畑が浸水した。特に西山川の上流大谷の山崩れは大きく、根こそぎ大木をが流し、... 続きを読む

昭和26年のルース台風

昭和26年(1951)10月14日、ルース台風により大保木の大森山付近を中心に400ミリを越す降雨があった。伊曽乃神社の桧の大鳥居が折損した。 続きを読む