明治30年の水害

災害年月日
1897年09月27日
市町村
香川県綾川町(綾上町)
災害種類
風水害  
概要
明治30年(1897)9月27日~29日、連日の大降雨により、水害。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
綾上町教育委員会編「綾上町誌」(綾上町、1995年)、32頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
水害
NO.
香川3212

よく似た災害

明治25年の洪水

明治25年(1892)、県下大降雨により、諸川洪水。 続きを読む

明治23年の水害

明治23年(1890)9月11日の大雨で、仁淀村森の奥合(おくごう)神社の拝殿や民家が流失した。奥合神社の棟札には以下のように記録されている。「明治2... 続きを読む

明治35年8月の台風

明治35年(1902)8月10日14時、台風が熊本に上陸し、鳥取付近から日本海に出た。高知県でも連日の降雨により、多少の被害が出たと思われる。 続きを読む

明治18年の洪水

明治18年(1885)7月1日、連日の激雨により、横川(横河原)の堤防が決壊し、洪水は人家を流し、田畑を潰すなどした。(「相原日記」による) 続きを読む

明治40年の洪水

明治40年(1907)、連日の大降雨により吉野川が増水し、各所で堤防が決壊した。大津村では堤防決壊85箇所、延長2,825間に及び、大代のごく小区域を... 続きを読む