明治32年の風雨

災害年月日
1899年08月26日
市町村
香川県綾川町(綾上町)
災害種類
風水害  
概要
明治32年(1899)8月26日、大風雨のため、粉所田万の小学校が倒れ、山田地区では母屋倒壊193戸、その他全半壊400棟、死者9人、負傷50人の被害が出た。無害の者から寄付を集めたり、県費の官救を受けた。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
綾上町教育委員会編「綾上町誌」(綾上町、1995年)、32頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
風雨 粉所 山田 死者
NO.
香川3213

よく似た災害

大正11年の旋風

大正11年(1922)8月2日、三野町清水で旋風が起こり、家屋の全壊13棟、半壊8棟、死者2人、負傷者10人の被害が出た。 続きを読む

明治19年の台風

明治19年(1886)、大暴風雨により、佐川で潰家43戸、半壊31戸、負傷4人、斗賀野で潰家38戸、半壊20戸、死者1人、負傷3人、尾川で潰家8戸、半... 続きを読む

昭和15年の雷雨

昭和15年(1940)5月6日、雷雨により、死者1人、負傷者4人の被害が出た。発電所、電柱等に落雷があった。 続きを読む

明治32年の台風

明治32年(1899)8月28日、台風により旧佐川町で倒伏24戸、半壊7戸、大破32戸、負傷者3名、家畜死1頭の被害が出た。 続きを読む

明治38年の芸予地震

明治38年(1905)6月2日、芸予地震(M7.25)により、松山市、温泉・越智・伊予各郡で負傷17人、家屋全壊8戸、半壊58戸、被損235戸などの被... 続きを読む