大正元年の台風

災害年月日
1912年09月22日
市町村
香川県綾川町(綾上町)
災害種類
風水害  
概要
大正元年(1912)9月22日、50年来の暴風雨により、山田では堤防1,600間、池破損60箇所、耕地100余町、栗原橋、俊則橋、長田橋が流失。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
綾上町教育委員会編「綾上町誌」(綾上町、1995年)、32頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 堤防流失 栗原橋 俊則橋 長田橋
NO.
香川3215

よく似た災害

大正元年の洪水

大正元年(1912)8月24日、大暴雨により、富田村では河川が決壊し、宮川橋、爛川橋、石川橋、落合橋が落ち、富田中で堤防決壊180間、道路決壊2箇所6... 続きを読む

明治43年の洪水

明治43年(1910)、大洪水により、栗原橋、俊則橋、長田橋が流失、堤防諸所崩壊。 続きを読む

大正元年9月の洪水

大正元年(1912)9月20日から22日にかけて、連続40余時間の豪雨により、雨量は平地で300ミリ以上に達し、川・池の堤防は決壊し、濁流水が田畑、家... 続きを読む

大正元年の洪水

大正元年(1912)8月21日、森本堤防に突き当たった水は内田の小川堰堤を決壊し、造田小学校運動場を洗ったが、三本松から学校までの二重堤防で防ぎ大事に... 続きを読む

大正元年の台風

大正元年(1912)9月22日午前10時、松山測候所は暴風雨の警標を掲げたが、夕刻より絶え間なく降り出し、風も加わり、23日午前12時頃最も猛烈を極め... 続きを読む