慶応2年の洪水

災害年月日
1866年09月09日
市町村
香川県綾川町(綾南町)
災害種類
風水害  
概要
慶応2年(1866)8月1日より雨が降り始め、7日から8日にさらに大雨となった。綾南町畑田地区の本津川流域では、海のように水をたたえ、舟で避難往来すること3日間に及んだ。農作物の損害はもちろん、人畜の死傷も出て、近来にない大損害をこうむった。寅年の大水と言われる。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
綾南町誌編纂委員会編「綾南町誌」(綾南町、1998年)、285頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
大雨 畑田 舟 本津川 寅年の大水
NO.
香川3217

よく似た災害

慶応2年の洪水

慶応2年(1866)8月、大洪水あり。寅の年の大水と、今も古老が口にする。雨は8月1日より降り始め、7日より8日に至り大暴風雨となり、夜には濁水が山野... 続きを読む

慶応2年の洪水

慶応2年(1866)8月7日、8日の大風・洪水により、濁水が山野にみなぎり、農作物の損害、人畜の死傷が多かった。寅年の大洪水と伝えられている。藩では、... 続きを読む

慶応2年の台風

慶応2年(1866)8月7日から8日にかけて、大風洪水があった。長尾町では鴨部川が各所で決壊し、濁水があふれ家屋の損害、農作物の被害がおびただしく、人... 続きを読む

慶応2年の寅の水

慶応2年(1866)8月5日から三日三晩降り続いた雨が大洪水になり、知恵島が全部浸水したのはもちろん、柿原・島田の庚申堂まで浸水したという。 続きを読む

昭和42年の干ばつ

昭和42年(1967)7月9日に93.5ミリの雨があった後、10月5日までの87日間、ほとんど雨がなかった。地表は乾燥し、畑作はもちろん水耕、果樹園芸... 続きを読む