大正元年の洪水

災害年月日
1912年09月22日
市町村
香川県宇多津町
災害種類
風水害  
概要
大正元年(1912)9月22日夜から23日午前にかけて暴風雨が襲来した。宇多津では大束川が2箇所で決壊し、家屋の流失15戸、行方不明者が出た。また、22日夜間には宇多津町沖で石炭船2隻が沈没し、7人が行方不明となった。(「香川新報」による)
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
宇多津町誌編集委員会編「新宇多津町誌」(宇多津町、1982年)、141頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 大束川 堤防決壊 行方不明 香川新報
NO.
香川3276

よく似た災害

大正元年の台風

大正元年(1912)9月22日夜半前、台風が県南海岸をかすめて阪神地区に上陸した。雨量は21日に和食で357ミリ、神野305ミリ、22日に一宇で555... 続きを読む

大正元年の洪水

image

大正元年(1912)9月、善入寺島で家屋の流出や溺死者が出た。 続きを読む

大正元年の台風

大正元年(1912)、台風により、吉野川流域の上・中流部にかけて総雨量は400ミリを越え、被害は甚大で死者・行方不明者95人、床上浸水26,708戸に... 続きを読む

大正元年の台風

大正元年(1912)9月22日夜、台風が土佐室戸付近に上陸、徳島県東部を通過、淡路より近畿西部に入った。佐馬地村では21日午後3時頃から23日午前5時... 続きを読む

大正元年の洪水

大正元年(1912)9月23日朝、前日からの大雨により、岡川堤防が岡馬場の西70間、柳島字別当の20間にわたり決壊し、溺死者が出た。 続きを読む