大正7年の洪水

災害年月日
1918年09月14日
市町村
香川県宇多津町
災害種類
風水害  
概要
大正7年(1918)9月14日、暴風雨により、宇多津では法勲寺・坂本からの濁水と栗熊・富熊両村のため池決壊のため大束川の水嵩が増し、新町橋が墜落し、新町、浦町、田町、大門、聖通寺で軒に達する浸水家屋が300戸に及んだ。濁水はさらに大束塩田を襲い、製塩20万斤を流失させた。(「香川新報」による)
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
宇多津町誌編集委員会編「新宇多津町誌」(宇多津町、1982年)、141頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 洪水 ため池決壊 新町橋 香川新報
NO.
香川3277

よく似た災害

大正元年9月の洪水

大正元年(1912)9月20日から22日にかけて、連続40余時間の豪雨により、雨量は平地で300ミリ以上に達し、川・池の堤防は決壊し、濁流水が田畑、家... 続きを読む

大正7年の洪水

大正7年(1918)8月29日~30日及び9月14日に2回にわたって台風が襲来し、池田あたりでは大亀橋が墜落し、川の沿道は一面の泥海となった。天満川堤... 続きを読む

昭和40年の山崩れ

昭和40年(1965)3月、山腹崩壊のため、柳瀬橋が墜落。(「柳瀬部落誌」による) 続きを読む

大正7年の台風

大正7年(1918)7月、台風により被害甚大。浸水家屋が多く、市塚付近ではわずかに屋根のみ水上に見えた。加茂川堤防は上砂、長丁付近2回決壊、田は砂礫に... 続きを読む

大正7年の洪水

大正7年(1918)9月14日、大洪水により、山田下天神の堤防数十間をはじめ1,800間、ため池10数箇所の欠損、住家6戸流失、仲代から西の道路はもち... 続きを読む