明治39年の地震

災害年月日
1906年05月22日
市町村
愛媛県伊予市(双海町)
災害種類
地震・津波  
概要
明治39年(1906)5月22日、瀬戸内海中部を震源とする地震により、安芸、伊予の海岸地区で時計が止まり、水が溢れ出るなどした。家屋はひどく揺れたが、格別の被害はなかった。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
双海町編「双海町誌」(双海町、1971年)、24頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
地震
NO.
愛媛221

よく似た災害

明治39年の地震

明治39年(1906)5月22日、伊予灘を震源とするM6.5の地震により、安芸、伊予の海岸地区で時計が止まり、水が溢れ出た。家屋は激しく揺れたが、倒壊... 続きを読む

宝永4年の地震

image

宝永4年(1707)10月4日、大地震で道後温泉の湧出が止まり、湯神社などに祈祷を命じた。(「垂憲録」「垂憲録拾遺」による) 続きを読む

明治31年の台風

明治31年(1898)9月3日、暴風雨による吉野川の洪水で、立毛45町歩に被害が出るなどした。(栄村役場「水害に関する書類」による) 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日午前5時頃、大地震が起こり、高知県の被害は最も甚大であった。被害は石崖、堤防、道路の決壊、落石、亀裂などが多く、家屋... 続きを読む

宝永4年の地震

image

宝永4年(1707)10月4日、日本の記録以来最大の大地震が起こった。佐喜浜には、「暁印の置文」に後人が書き添えした文面が残っている。これによると、家... 続きを読む