明治29年の台風

災害年月日
1896年08月18日
市町村
香川県小豆島町(内海町)
災害種類
風水害  
概要
明治29年(1896)8月16日、暴風雨。新築落成の内海の小豆島第二高等小学校校舎が倒壊した。また、草壁の島醤油会社、肥土山舞台等被害大で、島内倒壊家屋100余戸に及んだ。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
川野正雄編「内海町史」(内海町、1974年)、497-498頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 内海 草壁
NO.
香川3346

よく似た災害

昭和11年の台風

昭和11年(1936)9月11日、暴風雨。坂手小学校校舎が傾斜し、丸金醤油会社の煙突倒壊。内海地区で倒壊家屋6戸、納屋等の倒壊14軒。 続きを読む

明治15年の肥土山の地すべり

明治15年(1872)9月、肥土山地区で地すべりが発生し、民家5戸が倒壊、農地約50haが被害を受けた。 続きを読む

明治5年の肥土山地すべり

明治5年(1872)、肥土山で地すべりがあり、民家、農地が被災した。 続きを読む

治承4年の水争い

治承4年(1180)夏、池田庄の名主公文源次と肥土庄の神人花安男との間で、梳原(肥土山石原)で用水のことで論争が起き、それが原因で花安男が殺された。こ... 続きを読む

昭和40年の台風24号

昭和40年(1965)9月10日の台風24号と13日以来の豪雨(300~600ミリ)により、各地で水害が発生し、死者3人、負傷者7人、家屋の全壊50戸... 続きを読む