大正7年の台風

災害年月日
1918年08月29日
市町村
香川県小豆島町(内海町)
災害種類
風水害  
概要
大正7年(1918)8月29日~30日、暴風雨。北浦、渕崎で死者8名、負傷者多く、内海地区でも揚柳橋、大川橋、西村久徳の橋、神懸橋、遊仙橋、青木橋、福田村の伊豆川橋、森庄川橋が流失した。
地理院地図
Googleマップ
備考
神懸通の西城に大正7年水害の碑が建立されている。
参考画像
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
川野正雄編「内海町史」(内海町、1974年)、500頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 北浦 渕崎 内海 死者
NO.
香川3358

よく似た災害

大正7年の台風

大正7年(1918)8月29日から30日にかけて暴風雨。田畑の埋没・流失のほか、森庄川橋、伊豆川橋、伊豆川支流沿いの水車小屋が流失した。北浦、渕崎で死... 続きを読む

大正7年8月の台風

大正7年(1918)8月29日から30日に台風襲来し、西村地区では日方の久徳橋が流失、各河川氾濫、田畑、道路が損壊した。内海地区では8つの橋が流失した... 続きを読む

明治25年の水害

明治25年(1892)、宍喰川のあめやばりの堤が切れて、正梶の田が流失し、宍喰川橋が流失した。 続きを読む

大正元年の洪水

大正元年(1912)9月22日、暴風雨による金倉川の洪水で、玄孝橋、戎橋、賭場前の橋三橋が流失、汐見橋、伊満橋、小松橋、栄橋の四橋が落下した。栄橋が落... 続きを読む

昭和6年の台風

昭和6年(1931)9月18日、暴風雨により全島に被害。特に福田村では死者5人、重軽傷者15人、家屋流失倒半壊62戸、田畑被害大。西村の被害は軽微。 続きを読む