昭和17年の地震

災害年月日
1942年02月22日
市町村
愛媛県八幡浜市
災害種類
地震・津波  
概要
昭和17年(1942)2月22日、八幡浜港外を震源とする地震により、八幡浜に小津波あり、小船3艘破損。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
双海町編「双海町誌」(双海町、1971年)、24頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
地震 津波
NO.
愛媛225

よく似た災害

寛文11年の地震

寛文11年(1671)1月18日、土佐、伊予に強い地震あり。甲浦に小津波あり。/史料掲載:「寛文十一年日記」 続きを読む

昭和16年の地震

昭和16年(1941)11月19日、日向灘を震源とするM7.0の地震により、小津波があった。 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日、南海地震により、八幡浜市では16cm沈下した。八幡浜港の両岸、特に東側及び東北方の市街地で浸水の被害を受けた。直接... 続きを読む

天武13年の地震

天武13年(684)10月14日、南海道沖大震により、建物の破壊、人畜の死傷多く、土佐の田畑12平方km海となる。津波あり。 続きを読む

昭和43年8月の地震

昭和43年(1968)8月6日、宇和島湾を震源とするM6.6の地震により、震度4、地鳴りあり、津波なし。愛媛、高知、大分、宮崎に被害があった。 続きを読む