昭和10年の台風

災害年月日
1935年08月28日
市町村
香川県小豆島町(内海町)
災害種類
風水害  
概要
昭和10年(1935)8月28日、暴風雨、高波により、伊豆川護岸94m、瑞祥川護岸106m、南港防波堤85m、北港防波堤23m、北港船溜護岸51m、平間道路20mが崩壊した。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
福田村誌編集委員会編「福田村誌 葺田の里」(福田地区自治連合会、2005年)、156頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 高波
NO.
香川3401

よく似た災害

昭和57年9月の台風

昭和57年(1982)9月24日~25日の台風により、伊方町の被害は漁港防波堤・護岸破損1,400万円、道路破損3箇所4,135万円に及んだ。 続きを読む

昭和38年の台風

昭和38年(1963)8月9日~10日の台風により、伊方町の被害は道路決壊10箇所50万円、漁港防波堤護岸3箇所235万円、水田冠水15haに及んだ。... 続きを読む

昭和2年の台風

昭和2年(1927)8月29日、台風により、各地の防波堤が崩壊、河川氾濫特に甚だし。 続きを読む

昭和49年の台風

昭和49年(1974)9月1日の台風により、伊方町の被害は漁港防波堤破損950万円に及んだ。 続きを読む

昭和38年の台風9号

昭和38年(1963)8月9日~10日、台風9号により、被害は道路決壊10箇所50万円、漁港の防波堤・護岸3箇所235万円、水田冠水15haに及んだ。... 続きを読む