享保14年の風波

災害年月日
1729年00月00日
市町村
香川県小豆島町(池田町)
災害種類
風水害  
概要
享保14年(1729)、大風波により、当村でも田地に海水が入り、収穫高10石8斗余が田の年貢から除外された。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
川野正雄編「池田町史」(池田町、1984年)、584頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
風波 年貢減免
NO.
香川3431

よく似た災害

享保9年の干ばつ

享保9年(1724)、大干ばつにより、高松藩の年貢が37,000石の減収となる。(「恵公外記」による) 続きを読む

宝永7年の風雨・高潮

宝永7年(1710)7月26日、大風雨と高潮により、海岸地帯の稲作全滅。この年全般的に凶作となり、秋の年貢が免除された。(「徳島県災異誌」、「徳島県史... 続きを読む

享保17年の風波

享保17年(1732)、小豆島で大風波。 続きを読む

文化12年の洪水

文化12年(1815)7月6日の大洪水により、田野の堤防が切れ、郷中に水が入る。安田の庄田の家4、5軒流失し、田6分流れる。安芸川が僧津へ切れ込み、村... 続きを読む

享保14年の洪水

享保14年(1729)秋、高松藩領は四度の風雨洪水により「破面」となり、29,000石の年貢減となる。(「恵公外記」による) 続きを読む