享保15年の風雨

災害年月日
1730年09月00日
市町村
香川県小豆島町(池田町)
災害種類
風水害  
概要
享保15年(1730)8月、大風雨により池田、蒲生、二面、吉野、蒲野各村の田畑、塩浜、池などに土砂が大量に流入した。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
川野正雄編「池田町史」(池田町、1984年)、584頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
風水害
NO.
香川3432

よく似た災害

享和元年の洪水

享和元年(1801)8月19日から20日かけて、吉野川で風雨、洪水により、川成(田畑に土砂が流入し河原のような荒廃地になった状態)、砂成(砂が入った程... 続きを読む

大正8年の豪雨

大正8年(1919)7月4日~5日、豪雨のため、小漕川出水、流域の田畑に土砂流入。 続きを読む

享保7年8月の風雨

享保7年(1722)8月14日に大風雨、23日に大雨。この年、大飢饉。(「讃岐国大日記」、「高松藩記」などによる) 続きを読む

享保7年の風雨

享保7年(1722)6月22日、大風雨により田畑、人畜に損害。(「田野村誌」等による) 続きを読む

享和4年の風雨

享和4年(1804)5月14日及び7月25日~26日、大風雨による洪水。8月25日より降り出した雨は月末まで至り、大風雨により出水となった。損害田畑具... 続きを読む