元文元年の洪水

災害年月日
1736年00月00日
市町村
香川県小豆島町(池田町)
災害種類
風水害  
概要
元文元年(1736)、洪水により二面の塩浜堤破損、蒲生川、二面谷川、吉野谷川、蒲野しほもち川等の堤が決壊。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
川野正雄編「池田町史」(池田町、1984年)、584頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
洪水 堤防決壊
NO.
香川3433

よく似た災害

天保7年の洪水

天保7年(1836)8月2日、洪水により杓田の堤が決壊し、井口、小高坂、江ノ口などに大水。 続きを読む

天保7年の洪水

天保7年(1836)8月2日、洪水により杓田の堤が決壊し、井口、小高坂、江ノ口方面が浸水し、橋梁5箇所が流失した。 続きを読む

延宝元年の洪水

延宝元年(1673)6月27日、大洪水に際して石手川の堤防が決壊し、城下町の町分はもちろん、西堀端あたりは水勢が激しく、人々は堀の土手に避難したと伝え... 続きを読む

元文元年の洪水

元文元年(1736)8月16日、洪水により、ため池堤防大破。(「香川県政史年表」、「香川用水史」、白鳥町広報・資料による) 続きを読む

元文3年の洪水

元文3年(1738)6月26日、洪水により吉野川河堤決壊。(「兵助日記」による) 続きを読む