安政3年の地震

災害年月日
1856年00月00日
市町村
愛媛県伊予市(双海町)
災害種類
地震・津波  
概要
安政3年(1858)、地震。古記によると、双海町沖の海面に潮や泥水が各所に噴き出たとある。その頃から、海岸一帯が地盤沈下し、各井戸に塩水が含有するようになったと伝えられている。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
双海町誌編さん委員会編「双海町誌 改訂版」(双海町、2005年)、27頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
地震 地盤沈下
NO.
愛媛233

よく似た災害

安政3年の地震

安政3年(1858)、地震。古記によると、双海町沖の海面に潮や泥水が各所に噴き出たとある。その頃から、海岸一帯が地盤沈下し、各井戸に塩水が含有するよう... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日、南海大地震。震度4、午後4時頃数分にわたり強震、沿岸一帯地盤沈下0.5~1m。 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日午前4時20分、大地震が発生した。津田町では山口町、本町、伊勢町、東町、中町方面で特に被害が甚大で、屋根瓦の崩落、燈... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日、南海地震により、明浜町内の海岸は地盤沈下し、家屋が倒壊した。 続きを読む

安政元年の地震

嘉永7年(1854)11月4日朝8時に地震が始まり、1時間程続き、12時頃から夕方までに海岸地帯では大津波が10度押し寄せ、4回目の波が最高の1丈5尺... 続きを読む