昭和43年の宇和島地震

災害年月日
1968年08月06日
市町村
愛媛県
災害種類
地震・津波  
概要
昭和43年(1968)8月6日、豊後水道震源とするM6.6の宇和島地震により、県内各地で負傷者、建物被害、地割れなどが発生した。双海町では75戸が停電。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
双海町誌編さん委員会編「双海町誌 改訂版」(双海町、2005年)、28-29頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
宇和島地震
NO.
愛媛241

よく似た災害

昭和43年の宇和島地震

昭和43年(1968)8月6日、M6.6の宇和島地震により、双海町で2,075戸が停電。 続きを読む

昭和43年の宇和島地震

昭和43年(1968)8月6日1時17分、宇和島湾を震源とするM6.6の地震が発生した。震度5以上の範囲は豊後水道を中心とした狭い地域で、被害は愛媛県... 続きを読む

昭和57年7月の落雷

昭和57年(1982)7月29日、梅雨明け直後に積乱雲が発達して各地で発雷し、落雷による被害が多発した。四国電力徳島営業所の調べによると、18時5分頃... 続きを読む

昭和43年の宇和島沖地震

昭和43年(1968)8月6日1時17分、吉田西方沖でM6.6の宇和島地震が発生した。三瓶町では震度5で、愛媛県西部を中心に被害が出た。船舶、通信施設... 続きを読む

昭和43年の宇和島地震

昭和43年(1968)8月6日、宇和島湾沖地震により、宇和町全域で住宅破損130戸被害。被害額は8,512万円に及んだ。 続きを読む