昭和21年の南海地震

災害年月日
1946年12月21日
市町村
愛媛県大洲市(長浜町)
災害種類
地震・津波  
概要
昭和21年(1946)12月21日、和歌山県南方熊野灘を震源地とする大地震があり、長浜では震度4の揺れとなった。長浜港コンクリート壁の一部が脱落し、長浜港湾及び西海岸一帯は30cm地盤沈下した。この地帯は昭和22年の冬季、激浪により護岸の決壊、浸水の被害等を受けたため、県に対して復旧を陳情した。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
長浜町誌編纂会編「長浜町誌」(長浜町誌編纂会、1975年)、30頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
昭和南海地震 長浜港 地盤沈下
NO.
愛媛243

よく似た災害

昭和34年4月の強風

昭和34年(1959)4月9日~10日、低気圧が日本海で発達したため、県下一帯は北西の風が強く、今治市内では風速16m/秒を記録し、越智郡陸上部西海岸... 続きを読む

昭和9年の室戸台風

昭和9年(1934)9月21日、室戸台風により、長浜港の荷揚場、東突堤、:西突堤、船だまり、桟橋、渡橋がみな破損した。(「長浜郷土誌」による) 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日の南海地震により、高岡郡では北部浦内村、須崎町一帯で平均58cm、南部興津村一帯で30cmの地盤沈下が認められている... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日午前4時19分、南海地震が発生し、坂出の海岸地帯に被害をもたらした。海岸線は10~20cm沈下し、西築港岸壁は崩壊し... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日午前4時過ぎ、地震が発生し、4時半すぎに長浜町の家の玄関に出ると、家の前には潮がさしていて、水深30~50cmに達し... 続きを読む