安政元年の南海地震

災害年月日
1854年12月24日
市町村
愛媛県大洲市
災害種類
地震・津波  
概要
安政元年(1854)11月5日午後5時頃から空前の大地震が起こった。大西藤太の「大地震荒増記」には、夕食の支度をしたり、食事をしている最中に大地震が起き、人々は年寄りや子どもの手を引いて、大急ぎで広い場所に逃げた様子が記されている。この地震で町内で家2軒、中村で長屋8軒が倒壊した。また、この地震で大破した城の東門台と橋掛御櫓は長い間放置されていたが、安政3年3月から修理が始まり、5月24日に御櫓の上棟式が行われた。
地理院地図
Googleマップ
参考画像
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
大洲市誌編纂会編「大洲市誌」(大洲市誌編纂会、1972年)、188頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
安政南海地震 大地震荒増記
NO.
愛媛247

よく似た災害

安政元年の南海地震

image

安政元年(1854)11月5日午後5時頃から空前の大地震が起こった。大西藤太の「大地震荒増記」には、夕食の支度をしたり、食事をしている最中に大地震が起... 続きを読む

安政元年の南海地震

image

安政元年(1854)、南海地震が発生した。海陽町宍喰に現存する古文書「震潮記」には安政南海地震による約1年間に及ぶ余震の記録が残されている。この研究で... 続きを読む

安政元年の南海地震

image

安政元年(1854)11月5日、南海地震が起き、津波が襲来した。この論文では、安政南海地震・津波に関する碑として、宇佐町萩谷の「南無阿弥陀仏」碑(土佐... 続きを読む

安政元年の南海地震

image

安政元年(1854)11月5日、南海地震が起き、津波が襲来した。この論文では、安政南海地震・津波に関する碑として、宇佐町萩谷の「南無阿弥陀仏」碑が紹介... 続きを読む

安政元年の南海地震

嘉永7年(1854)11月5日、南海地震が発生し、津波が起こった。このため、那賀川河口の中島港は大破し、辰巳新田では60cmの地割れができたところもあ... 続きを読む