安政4年の地震

災害年月日
1857年10月12日
市町村
愛媛県大洲市
災害種類
地震・津波  
概要
安政4年(1857)8月25日午前9時、大地震に見舞われた。余震が続いたため、人々は小屋住まいであった。大洲城内の被害は大きく、西の門辺りは道が裂け、御門台は2尺下がり、石垣は過半崩れた。倒れた土蔵もあり、城門廻り御櫓、高欄櫓、台所櫓は大破し、手間塀のくずれもひどかった。(「加藤家譜」、「大地震荒増記」による)
地理院地図
Googleマップ
参考画像
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
大洲市誌編纂会編「大洲市誌」(大洲市誌編纂会、1972年)、188-189頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
地震 大地震荒増記
NO.
愛媛248

よく似た災害

安政4年の地震

image

安政4年(1857)8月25日午前9時、大地震に見舞われた。余震が続いたため、人々は小屋住まいであった。大洲城内の被害は大きく、西の門辺りは道が裂け、... 続きを読む

安政4年の地震

image

安政4年(1857)8月25日、大地震、大洲城内処々破損、城下町家2軒潰、154軒大破。道は裂け、石垣は過半崩壊し、天守閣の屋根・壁、城門回り櫓・高欄... 続きを読む

安政元年の地震

image

安政元年(1854)11月4日、東海、東山、南海道にM8.4の東海地震。翌5日、畿内、東海、北陸、南海、山陽、山陰道にM8.4の南海地震。その2日後の... 続きを読む

安政4年の地震

image

安政4年(1857)8月25日、伊予・安芸地震(M7.25)により、大洲城は石垣、城門廻櫓、高欄櫓、台所櫓が大破、千間塀が崩壊し、御貯蔵の新築、台所櫓... 続きを読む

安政4年の地震

安政4年(1857)8月25日、大地震のため、木浦村の浜の常夜灯が倒れた。 続きを読む