安政元年の南海地震

災害年月日
1854年12月24日
市町村
愛媛県八幡浜市(保内町)
災害種類
地震・津波  
概要
安政元年(1854)11月5日、土佐沖を震源とする大地震により、死者3,000人。(「大日本地震史料」による)5日午後4時に地震が起こり、7日に最も震動激しく、相当期間余震が続き、人々は三本松などに避難した。6時頃津波が押し寄せ、川につないでいた400石船が宮内清水町まで押し上げられ、また内之浦にあった800石積が川之石本町中之島に打ち上げられた。地盤に亀裂が生じ、家屋の倒壊が多かったが、死傷者はなかった。(「濱田久五郎覚書」、「川之石村郷土誌」、「喜須来村郷土誌」による)
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
保内町誌編纂委員会編「改訂版 保内町誌」(保内町、1999年)
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
安政南海地震 死者 大日本地震史料 津波
NO.
愛媛278

よく似た災害

安政元年の南海地震

安政元年(1854)11月5日、土佐沖を震源とする大地震により、死者3,000人。(「大日本地震史料」による)5日午後4時に地震が起こり、7日に最も震... 続きを読む

安政元年の地震

嘉永7年(1854)11月5日午後4時、地震が起こり、7日に最も激しい地震があった。人々は三本松などに避難した。5日午後6時頃、津浪が押し寄せて、40... 続きを読む

安政元年の南海地震

安政元年(1854)11月5日、大地震があり、障壁を倒し、人々は小屋がけをして難を逃れた。(「郷土誌北伊予村」による) 続きを読む

安政元年の南海地震

嘉永7年(1854)11月5日、大地震により、家屋倒壊などの被害があった。海岸では津波が襲来し、浸水、流失する民家が続出した。その後1ヶ月間、余震が続... 続きを読む

安政元年の南海地震

image

安政元年(1854)11月5日夕申の刻より地震が発生し、御城郭の破損箇所は多かったが、潰込みの場所はなかった。その後、18日まで度々余震が続いた。(「... 続きを読む