慶長19年の地震

災害年月日
1614年11月26日
市町村
愛媛県松山市
災害種類
土砂災害  地震・津波  
概要
慶長19年(1614)10月25日、大地震により、山崩れのため泉脈が塞がれた。(「伊予温故録(温泉伝記)」による)地震あり、湯出ず、その後月を越えてまた出始めた。(「松山叢談」による)伊予国地震い、道後温泉一時湧出を止む。(「大日本地震史料」による)
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
伊方町誌編集委員会編「伊方町誌」(伊方町、1968年)、60頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
地震 山崩れ 道後温泉 伊予温故録 温泉伝記
NO.
愛媛293

よく似た災害

慶長19年の地震

慶長19年(1614)10月25日、大地震により、山崩れて泉脈が塞がれた。(「伊予温故録(温泉伝記)」による)/地震あり、湯出ず、その後月を越えてまた... 続きを読む

寛永2年の地震

image

寛永2年(1625)3月18日、地震により、温泉塞がる。松山城主蒲生忠知命じて湯神社で祈祷した。(「松山叢談」、「伊予温故録(温泉伝記)」による) 続きを読む

慶長19年の地震

慶長19年(1614)、大地震により、道後温泉の湧出止む。(「野村町郷土誌」による) 続きを読む

慶長19年の地震

慶長19年(1614)10月25日、大震災の時、海上荒れて大波打ち来たり、田畑や人家が流失し、人も多く死んだ。その荒れた果て土地を領主加藤嘉明の命によ... 続きを読む

宝永4年の地震

宝永4年(1707)10月4日、地震により、温泉止まる。(「松山叢談」による) 続きを読む