安政4年の地震

災害年月日
1857年10月12日
市町村
愛媛県伊方町
災害種類
地震・津波  
概要
安政4年(1857)8月25日辰下刻、松山大地震。(「松山叢談(池内家記)」による)強震続くこと七昼夜、地元民は兢々として家を閉じて竹林に避難した。(「新居郡誌」による)
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
伊方町誌編集委員会編「伊方町誌」(伊方町、1968年)、63頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
地震 松山叢談 池内家記 新居郡誌
NO.
愛媛307

よく似た災害

安政4年の地震

安政4年(1857)8月25日辰下刻、松山で大地震。家中に出米のうち知行100石につき15俵ずつの割合で御下げ米あり。(「松山叢談(池内家記)」による... 続きを読む

安政4年の地震

安政4年(1857)8月25日、強震やまざること7昼夜、地元民兢々として居に安んせず、家を閉ざして竹林に避難せり。 続きを読む

安政4年の地震

安政4年(1857)、大地震が三昼夜続き、村民は竹林に避難した。 続きを読む

安政4年の地震

安政4年(1857)、大地震が三昼夜続き、村民は竹林に避難した。 続きを読む

安政4年の地震

安政4年(1857)8月、大地震が起こった。倒家が多く、土地は亀裂を生じて泥水を噴出するなどしたため、人々は安心できず小屋かけして避難し、ただ神仏に唱... 続きを読む