慶応2年の台風

災害年月日
1866年09月15日
市町村
香川県さぬき市(長尾町)
災害種類
風水害  
概要
慶応2年(1866)8月7日から8日にかけて、大風洪水があった。長尾町では鴨部川が各所で決壊し、濁水があふれ家屋の損害、農作物の被害がおびただしく、人畜の死傷も多かった。寅年の洪水と言って、今に伝えられている。
地理院地図
Googleマップ
備考
原資料では慶応3年となっているが、慶応2年に修正した。
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
長尾町史編集委員会編「改訂 長尾町史 上巻」(長尾町、1986年)、602頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
寅年の洪水 鴨部川
NO.
香川4196

よく似た災害

慶応2年の洪水

慶応2年(1866)8月7日、8日の大風・洪水により、濁水が山野にみなぎり、農作物の損害、人畜の死傷が多かった。寅年の大洪水と伝えられている。藩では、... 続きを読む

慶応2年の洪水

慶応2年(1866)8月1日より雨が降り始め、7日から8日にさらに大雨となった。綾南町畑田地区の本津川流域では、海のように水をたたえ、舟で避難往来する... 続きを読む

明治17年の台風

明治17年(1884)8月25日、暴風雨があり、海岸地帯に津波が押し寄せた。丸亀地方では、水害よりも風害の方が大きかった。家屋の倒壊、浸水が多く、漁船... 続きを読む

慶応2年の洪水

慶応2年(1866)8月、大洪水あり。寅の年の大水と、今も古老が口にする。雨は8月1日より降り始め、7日より8日に至り大暴風雨となり、夜には濁水が山野... 続きを読む

明治17年の台風

明治17年(1884)8月15日、暴風雨により、倒壊家屋が多く、浸水家屋も相当あって、人畜の死傷もあった。 続きを読む