安永5年の大火

災害年月日
1776年12月23日
市町村
香川県さぬき市(津田町)
災害種類
火災  
概要
安永5年(1776)11月13日夜、津田浦大火により、損害は延焼130戸、船2隻焼失。(「高松藩記」による)この時、山口町、伊勢町、船町にかけ一面の海となり、甚大な被害があったと言い伝えられている。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
津田町史編集委員会編「再訂 津田町史」(津田町、1986年)、181頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
大火 高松藩記 言い伝え
NO.
香川4378

よく似た災害

弘化4年の火災

弘化4年(1847)正月11日、辻で火の手が起こり、浜の町四つ辻付近一面の大火となった。焼失家屋は20数軒と伝えられている。 続きを読む

安政元年の地震

安政元年(1854)11月4日朝5ツ時(8時)、地震があり、鈴波が来た。鈴波は津波のさきがけで、油断してはならないと言い伝えられている。翌5日夕方7ツ... 続きを読む

安政元年の地震

安政元年(1854)11月4日朝5ツ時(8時)、地震があり、鈴波が来た。鈴波は津波のさきがけで、油断してはならないと言い伝えられている。翌5日夕方7ツ... 続きを読む

安政4年の洪水

安政4年(1857)7月29日から8月1日に大風雨があり、50年来の大洪水になった。いまだに「八朔水」と言い伝えられている。 続きを読む

正保4年の大火

image

正保4年(1647)、壬生川村で大火があり、全戸数の6割が焼失し、鷺守神社の足利尊氏献上の太刀・鎧・朱印状や鷺森城の一の木戸、二の門も焼失したと言い伝... 続きを読む