大正元年の洪水

災害年月日
1912年09月20日
市町村
香川県さぬき市(津田町)
災害種類
風水害  
概要
大正元年(1912)9月20日から22日にかけて300ミリ以上の豪雨があった。津田川の堤防は各所で破壊され、濁流は両岸より町中へ流れ込んだ。人畜の被害はなかったが、津田町の被害報告書によると、家屋の全壊7戸、半壊7戸、破損503戸、流失3戸、床上浸水198戸、床下浸水600戸、堤防決壊14箇所98間、道路の破損27箇所187間、橋梁の流失1箇所、破損2箇所、田畑の埋没・流失6町3反、冠水30町歩、山崩れ1箇所の被害が出た。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
津田町史編集委員会編「再訂 津田町史」(津田町、1986年)、808頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
豪雨 津田川 堤防決壊
NO.
香川4380

よく似た災害

大正元年の洪水

大正元年(1912)8月24日、大暴雨により、富田村では河川が決壊し、宮川橋、爛川橋、石川橋、落合橋が落ち、富田中で堤防決壊180間、道路決壊2箇所6... 続きを読む

大正元年の洪水

大正元年(1912)9月23日、土器川堤防決壊4箇所57間、排水堤防決壊4箇所100間、浸水家屋360戸、流出家屋15戸、罹災救助318人、浸水反別1... 続きを読む

大正7年8月の台風

大正7年(1918)8月29日、台風が室戸をかすめて大阪へ抜けた。被害は死者2人、全壊158戸、半壊113戸、流失3戸、床上浸水188戸、床下浸水42... 続きを読む

明治30年の洪水

明治30年(1897)9月29日夜、池田町で大洪水があり、溺死者8人、橋の流失2箇所、破損2箇所、家屋の破損41戸、流失5戸、浸水42戸、床下浸水2戸... 続きを読む

大正元年の洪水

大正元年(1912)9月22日夜から23日午前にかけて襲来した台風により、春日川上流の西植田村では家屋の流失・浸水、中谷青池の堤防決壊、道路の破損等の... 続きを読む