昭和28年の大雨

災害年月日
1953年09月23日
市町村
香川県さぬき市(津田町)
災害種類
風水害  
概要
昭和28年(1953)9月23日から連日大雨が続き、津田川が増水して25日午後4時頃には左岸が危険に瀕した。水防倉庫は流失したが、水防団の懸命の努力で堤防の決壊は免れた。(水防団は建設大臣表彰を受けた。)津田以東の鉄道は不通となり、道路も国道だけ残して主要道路はほとんど水浸しになった。県立津田病院でも次第に増水し、床上浸水の危険が迫ってきたため、院長の指揮で搬送可能な患者約20人を木造二階建ての津田町農協にトラックで移送した。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
津田町史編集委員会編「再訂 津田町史」(津田町、1986年)、809頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
大雨 津田川 水防団 県立津田病院
NO.
香川4381

よく似た災害

昭和54年の台風16号

昭和54年(1979)9月30日、台風16号により、田野々吾川の住宅裏山で山崩れの危険があり、避難した。 続きを読む

昭和18年の台風

昭和18年(1943)7月21日~24日の総降水量は942ミリに達する豪雨となり、吉田病院裏堤防の決壊と高潮により、東・西・北の三小路が冠水した。 続きを読む

昭和13年の山崩れ

昭和13年(1938)9月5日朝来の暴風雨に伴い、七箇村字久保の中山の一角が午後2時頃崩壊し、家屋1戸が押しつぶされ、9名が生き埋めとなった。急報に接... 続きを読む

昭和24年9月の大雨

昭和24年(1949)9月19日~20日、寒冷前線が南下して、岡山、香川、高知の各県で大雨が降った。香川県詫間付近で雨が激しく、田畑45haが浸水し、... 続きを読む

昭和20年10月の風水害

昭和20年(1945)10月10日、風水害により、吉野川の水位が高くなり、樋門から逆流して町内に溢れた。川島商店街も床上、床下浸水が多く、農業倉庫の保... 続きを読む