昭和43年の大雪

災害年月日
1968年02月15日
市町村
香川県さぬき市(津田町)
災害種類
雪害  
概要
昭和43年(1968)2月15日午後2時頃、香川県地方に大雪警報が出された。これは昭和16年に高松地方気象台が開設されて以来初めてのことであった。大雪は16日午前3時頃まで降り続き、積雪は平野部で15~25cm、山間部で50~80cm、阿讃山脈沿いの奥地では1mを越える所もあったと言われている。電車、バスの通行不能、水道の断水、電柱の倒壊、電線の切断、山林の立木、竹、みかんなど多くの被害が出た。四国では昭和6年の大雪以来37年ぶりの大雪であったと言われている。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
津田町史編集委員会編「再訂 津田町史」(津田町、1986年)、818-819頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
大雪
NO.
香川4382

よく似た災害

昭和38年の大雪

昭和38年(1963)1月~2月、低温、大雪により、梼原豪雨となり、自衛隊出動救援。(高知新聞による)(津野山地域災害異常略年譜)/「梼原町史」による... 続きを読む

承徳2年の洪水

image

承徳2年(1098)、洪水により、善入寺島はそれまで地続きであった吉野川南岸から切り離されたと言われている。(宮崎淳) 続きを読む

安政元年の南海地震

嘉永7年(1854)11月5日、南海地震が発生し、津波が起こった。このため、那賀川河口の中島港は大破し、辰巳新田では60cmの地割れができたところもあ... 続きを読む

昭和34年の大雪

昭和34年(1959)1月16日~17日の大雪により、「高知県災異誌」では梼原の積雪32cmとなっているが、20年降りの大雪で山間部では2m。 続きを読む

天正10年の洪水

天正10年(1582)、洪水により、吉野川南岸の穴吹町三島地区と陸続きであった舞中島は、川中島になったと言われている。(宮崎淳) 続きを読む