安政元年の南海地震

災害年月日
1854年12月24日
市町村
愛媛県西予市(三瓶町)
災害種類
地震・津波  
概要
安政元年(1854)11月5日申の中刻、紀伊水道南方でM8.4の巨大地震が発生し、津波を引き起こした。西宇和郡の被害については記録がないが、「愛媛県管内津波被害調書」によれば、津波が到達した高さは、三瓶町及び川之石町では平均潮位より3.5m、伊方村では4.0mであり、人や家屋の被害は軽微であったが、田畑や家屋への浸水は稀有のものであった。八幡浜市川上町川名津では平坦部は全て浸水し、山地に避難したという言い伝えが残っている。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
三瓶町誌編さん委員会編「三瓶町誌 上巻」(三瓶町、1983年)、105頁及び118-130頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
安政南海地震 津波
NO.
愛媛344

よく似た災害

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日午前4時20分頃、M8.1の南海道地震が起こった。愛媛県下の被害は、死者27人、負傷者28人、家屋の全壊1,133戸... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日4時19分、潮岬南方の南海トラフで南海地震が発生し、津波を伴い、被害は中部地方から九州に及んだ。愛媛県の被害は死者9... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日未明に、南海大地震が起こった。編者の体験記によると、津波は昭和19年の東南海地震の時と同様に押し寄せたが、日和佐町の... 続きを読む

安政元年の南海地震

安政元年(1854)11月5日、M8.4の南海地震が起こり、道後温泉が止まった。津波高は久礼で16.1m、種崎で11m、室戸で3.3mであった。高知市... 続きを読む

安政元年の南海地震

安政元年(1854)11月5日、M8.4の南海地震が起こり、道後温泉が止まった。津波高は久礼で16.1m、種崎で11m、室戸で3.3mであった。高知市... 続きを読む