安政4年の地震

災害年月日
1857年10月12日
市町村
愛媛県西予市(三瓶町)
災害種類
地震・津波  
概要
安政4年(1857)8月25日辰の中刻、松山市高浜沖を震源とするM6.4の地震が発生した。この地震により、今治城の石垣が孕み、塀が倒れ、その他ところどころ破損した。また、郷町の潰家3戸、半潰8戸、死者1人で、松山でも被害があったらしい。大洲城内でもところどころ破損、地割れあり。三瓶で震度4~5程度と推定されるが、被害不詳。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
三瓶町誌編さん委員会編「三瓶町誌 上巻」(三瓶町、1983年)、105頁及び130-132頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
地震 今治城 死者 大洲城 地割れ
NO.
愛媛345

よく似た災害

貞享2年12月4日の地震

image

貞享2年(1685)12月4日、伊予松山を震源とするM5.9の地震により、松山城の石垣ところどころ崩れ、道後温泉の湧出止む。 続きを読む

安政4年の地震

image

安政4年(1857)8月25日、地震が発生し、御城内外で破損したところ少なからずであった。(「今治拾遺」による) 続きを読む

宝永4年の地震

宝永4年(1707)10月4日、大地震が起こり、津波が来襲した。土佐湾沿岸ではところどころ陥没して海に入ったという。土佐の国の被害は人家倒壊16,00... 続きを読む

安政元年の地震

image

安政元年(1854)11月4日朝五ツ(午前8時頃)地震があった。さほど強くなかったが、長時間揺れが続き、津波が来た。翌5日夕刻七ツ半(午後4時頃)大地... 続きを読む

康和元年の地震

康和元年(1099)1月30日、地震。土佐で田約1,000ha海に沈む。津波があったらしい。(「日本の地震活動」による) 続きを読む