明治32年の地震

災害年月日
1899年11月25日
市町村
愛媛県西予市(三瓶町)
災害種類
地震・津波  
概要
明治32年(1899)11月25日3時43分頃及び3時55分頃、日向灘で2回にわたり地震が発生した。三瓶では軽震であった。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
三瓶町誌編さん委員会編「三瓶町誌 上巻」(三瓶町、1983年)、105頁及び133頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
地震
NO.
愛媛347

よく似た災害

仁和3年の地震

仁和3年(887)7月30日、潮岬南西方海底でM8.6の巨大地震が発生し、京阪を中心に諸司の舎屋・民家の倒壊が相次ぎ、圧死者を多数出した。(「三大実録... 続きを読む

慶安2年の地震

慶安2年(1649)2月5日、伊予灘を震源とするM7.1の地震が発生した。三瓶町の震度は6程度で、当町の地震としては最大規模のものであったと推定されて... 続きを読む

文化9年の地震

文化9年(1812)3月10日夜6ツ半時、伊予灘東部でM6.9の地震が発生した。「松山史要」によれば、3月10日より15日まで地震が起こり、損害が多か... 続きを読む

昭和43年の日向灘地震

昭和43年(1968)4月1日9時42分、日向灘でM7.5の地震が起こり、津波が発生した。三瓶では震度4であった。陸上の被害は高知・宮崎県で大きかった... 続きを読む

仁和3年の地震

仁和3年(887)7月30日16時頃、M8.6の地震が発生した。この地震は、京都付近の寺社家屋の被害状況から、南海地震の中で最大の地震と推定され、宝永... 続きを読む