明治42年の地震

災害年月日
1909年11月10日
市町村
愛媛県西予市(三瓶町)
災害種類
地震・津波  
概要
明治42年(1909)11月10日15時14分、足摺岬南方でM7.9の日向灘としては最大級の地震が発生した。宮崎市付近の被害が大きく、大分県以南の九州、四国、広島、岡山県などでも被害が出た。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
三瓶町誌編さん委員会編「三瓶町誌 上巻」(三瓶町、1983年)、133-134頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
地震
NO.
愛媛349

よく似た災害

明治24年の地震

明治24年(1891)10月16日7時6分頃、豊後水道南西部でM6.6の地震が発生し、大分県東部の被害が大きかった。南予の被害はほとんどなし。 続きを読む

平成4年の台風11号

平成4年(1992)8月18日、台風11号が宮崎県と大分県との県境に上陸し、須崎市も大雨に見舞われた。須崎市の被害は道路8箇所、河川4箇所、水田の冠水... 続きを読む

康安元年/正平16年の地震

康安元年/正平16年(1361)6月24日、M8.4の地震が発生し、大和、阿波、山城で震度大きく、土佐は津波の被害が大きかった。 続きを読む

大正10年の地震

大正10年(1921)9月6日2時59分、大分県佐伯付近でM5.7の地震が発生した。数日前からの降雨で弛緩した崖が崩れる被害があった模様である。 続きを読む

昭和31年の台風9号

昭和31年(1956)8月17日、台風9号により、特に風害が大きく、三崎町でも被害が大きかった。佐田岬の最大風速は東南東45.0m/sであった。 続きを読む