昭和6年の地震

災害年月日
1931年11月02日
市町村
愛媛県西予市(三瓶町)
災害種類
地震・津波  
概要
昭和6年(1931)11月2日3時53分にM6.3の地震が、また19時3分にM6.6の日向灘を震源とする地震が発生した。宮崎県で被害が大きかった。宇和島の震度は3で、被害は少なかったようである。別府湾から南へ200kmにわたり発光現象があり、海の方向に見たという報告もある。室戸で津波の全震幅85cm。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
三瓶町誌編さん委員会編「三瓶町誌 上巻」(三瓶町、1983年)、134頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
地震 発光現象
NO.
愛媛351

よく似た災害

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日4時19分、南海地震が発生し、津波が襲来した。同年12月28日集計結果によると、高知県の被害は死者670人、負傷者1... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日4時19分、南海地震が発生し、津波が襲来した。同年12月28日集計結果によると、高知県の被害は死者670人、負傷者1... 続きを読む

昭和17年の台風

昭和17年(1942)9月21日、台風が足摺から須崎までの沿岸をかすめて高松に抜けた。本県では雨は少なく、風台風だった。この台風時に須崎から戸波村に竜... 続きを読む

宝永4年の地震

宝永4年(1707)10月4日、大地震が起きて全国的な影響があった。(「続史愚抄」による) また、「高松藩記」に同日地震があって、翌月まで落ち着かない... 続きを読む

昭和27年の地震

昭和27年(1952)11月5日2時1分、カムチャッカ半島でM8.2の地震が発生した。土佐清水では6時20分に津波の第一波を、9時41分に103cm、... 続きを読む