明治40年の大雪

災害年月日
1907年02月10日
市町村
香川県高松市(塩江町)
災害種類
雪害  
概要
明治40年(1907)2月10日11時頃から降り出した雪は、翌11日午後6時頃まで降り続き、安原村で約40cm、塩江から南では60cm以上に達した。当日は紀元節の祝日に当たっていたが、学校へ出席した者はほとんどいなかった伝えられている。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
塩江町史編さん委員会編「新修 塩江町史」(塩江町、1996年)、193頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
大雪
NO.
香川4691

よく似た災害

明治40年の大雪

明治40年(1907)2月10日11時頃から降り出した雪は、翌11日午後6時頃まで降り続き、安原村で約40cm、塩江から南では60cm以上に達した。当... 続きを読む

明治40年の大雪

明治40年(1907)2月10日から降り始めた雪は夜には猛吹雪となり、翌11日には長尾で積雪45cm、多和で1mにも達した。このため、紀元節の式に参加... 続きを読む

明治40年の大雪

明治40年(1907)2月11日、大雪があり、積雪は2尺に達した。この日は紀元節であったが、小学校の在籍数308人の中3人しか祝賀会に参列しなかった。... 続きを読む

明治40年の大雪

明治40年(1907)2月10日午前11時から降り出した雪は、翌日午後6時半頃まで31時間以上にわたって降り続いた。琴平の積雪は30cm。 続きを読む

明治40年の大雪

明治40年(1907)2月11日、近来未曾有の大雪となった。10日午前11時頃より雪が降り出し、その夜甚だしく降りしきり、翌朝は一面の銀世界と化し、小... 続きを読む