昭和43年の大雪

災害年月日
1968年02月15日
市町村
香川県高松市(塩江町)
災害種類
雪害  
概要
昭和43年(1968)2月15日夜明け前から降り出した粉雪は一日中降り続き、未曾有の大雪となった。塩江町では安原下の平地で50cm、岩部で60cm、上西の平地で70cm、松尾、大屋敷、真名屋敷で約1mを記録した。町内の各学校は15日午前授業、16日と17日は臨時休校となった。この大雪は家屋、樹木、電線に大きな被害を与えたが、特に東地地区の養鶏場では鶏舎三棟が倒れ、成鶏約800羽が生き埋めとなり、救出作業を行ったが、死んだ鶏も多かった。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
塩江町史編集委員会編「塩江町史」(塩江町史編集委員会、1970年)、160頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
大雪 臨時休校
NO.
香川4702

よく似た災害

昭和43年の大雪

昭和43年(1968)2月15日夜明け前から降り出した粉雪は一日中降り続き、未曾有の大雪となった。塩江町では安原下の平地で50cm、岩部で60cm、上... 続きを読む

昭和6年の大雪

昭和6年(1931)2月9日14時40分より10日6時まで、雪が降り、積雪は多度津で28cmに達した。被害不詳。(気象庁「気象要覧」による)/9日14... 続きを読む

明治40年の大雪

明治40年(1907)2月11日、近来未曾有の大雪となった。10日午前11時頃より雪が降り出し、その夜甚だしく降りしきり、翌朝は一面の銀世界と化し、小... 続きを読む

明治40年の大雪

明治40年(1907)2月11日、大雪が降り、積雪は平地で1尺となり、竹やぶの多くは折れた。 続きを読む

昭和38年の大雪

昭和38年(1963)1月21日午後8時頃から降り出した大雪は、翌23日午後1時頃まで降り続いた。山地では40~50cm、平地では20cm程積もった。... 続きを読む