宝永4年の地震

災害年月日
1707年10月28日
市町村
愛媛県宇和島市(吉田町)
災害種類
地震・津波  
概要
宝永4年(1707)10月4日、大地震があり、津浪のため、御家中の中ほどまで潮入したほか、道路が亀裂し、建物が破損した。余震が続いたため、宗純は医王寺に避難滞在したとの記録がある。
地理院地図
Googleマップ
備考
原資料では10月2日にあっているが、10月4日に修正した。
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
吉田町誌編纂委員会編「吉田町誌 上巻」(吉田町教育委員会、1971年)、279頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
宝永地震 津波 医王寺
NO.
愛媛371

よく似た災害

宝永4年の地震

宝永4年(1707)10月4日、大地震が起きて全国的な影響があった。(「続史愚抄」による) また、「高松藩記」に同日地震があって、翌月まで落ち着かない... 続きを読む

宝永4年の地震

宝永4年(1707)10月4日午後1時から3時頃に大地震が発生した。4日から7日まで、1日に8、9回の余震が続き、人々は屋外の仮小屋で過ごした。その後... 続きを読む

安政元年の地震

安政元年(1854)11月4日、5日、大地震により民家破損3千余戸、池の堤防破損、余震が続き人はみな屋外に避難する。 続きを読む

明治36年の地震

明治36年(1903)3月21日、伊予灘を震源とする地震により、大洲町近傍では器物が倒壊し、山頂から岩石崩壊して道路を埋めたところもあった。数回の余震... 続きを読む

宝永4年の地震

宝永4年(1707)10月4日、潮岬南方を震源とするM8.4の地震が発生し、それに伴い津波も発生した。愛媛県内の記録は極めて少ないが、宇和島の「伊達図... 続きを読む