寛延2年の地震

災害年月日
1749年05月25日
市町村
愛媛県宇和島市(吉田町)
災害種類
地震・津波  
概要
寛延2年(1749)4月10日、地震があり、家屋などが破損し、負傷者の出たことが幕府に報告されている。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
吉田町誌編纂委員会編「吉田町誌 上巻」(吉田町教育委員会、1971年)、279頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
地震
NO.
愛媛372

よく似た災害

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)、南海地震が発生し、津波により塩田被害が報告されているが、津波そのものの特性については報告されていない。 続きを読む

宝永4年の地震

宝永4年(1707)の地震により、足摺岬周辺は沈降したことが示されている。この報告では、足摺岬について、史料及び隆起生物遺骸の調査を行い、1707年宝... 続きを読む

天武天皇13年の地震

白鳳13年(684)10月14日、M8.4の地震が発生。日本書紀には、「国を挙げて男女叫唱東西を知らず。すなわち山崩れ河湧き、諸国郡官舎及び百姓倉屋、... 続きを読む

宝永4年の地震

宝永4年(1707)10月4日4ツ時(午前10時)過ぎ、大地震があり、半時(1時間)ばかり、天地が揺れ続けた。しばらくして海より20余町のところまで波... 続きを読む

宝永4年の地震

宝永4年(1707)10月4日4ツ時(午前10時)過ぎ、大地震があり、半時(1時間)ばかり、天地が揺れ続けた。しばらくして海より20余町のところまで波... 続きを読む