文政9年の台風

災害年月日
1826年00月00日
市町村
香川県高松市
災害種類
風水害  
概要
文政9年(1826)秋、台風により、郷東の香西道の北堤防が50間決壊し、東新開の耕地2町歩、民家3戸流失、7戸が浸水した。また、海岸堤防は50間決壊し、耕地3町歩が流失した。さらに、南部では大明神の堤防が55間決壊し、耕地8反歩が流失、浸水20戸の被害が出た。(元木繁尾氏の資料による)
地理院地図
Googleマップ
参考文献
高松市立弦打小学校PTA編「弦打風土記」(高松市立弦打小学校PTA、1969年)、113頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 堤防決壊
NO.
香川4976

よく似た災害

弘化3年の台風

弘化3年(1846)7月15日、台風、洪水により、各地の堤防が決壊し、大被害となった。東川原の三倉出水堤防が60間決壊し、耕地5町歩が流失。東青木堤防... 続きを読む

嘉永元年の台風

嘉永元年(1848)秋、台風、洪水により、東青木堤防が30間決壊し、耕地1町歩流失した。また、郷東本村の堤防が60間決壊し、耕地20町歩、民家2戸流失... 続きを読む

寛政3年の台風

寛政3年(1791)8月20日、台風、洪水により、弦打村では飯田の東川原で堤防が60間決壊し、耕地5町歩と民家1戸が流失、3戸が浸水した。北部では徳栄... 続きを読む

明治23年の洪水

明治23年(1890)、飯田の東青木堤防が65間決壊し、耕地1町歩が流失した。(元木繁尾氏の資料による) 続きを読む

明治17年8月の洪水

明治17年(1884)8月26日、大明神川の下川原堤防400間決壊し、約1町歩が荒地となった。7町歩は一時浸水、被害戸数90戸。 続きを読む