昭和43年の大雪

災害年月日
1968年02月15日
市町村
香川県高松市
災害種類
雪害  
概要
昭和43年(1968)2月15日午後から降り出した雪は、20~30cmの積雪となった。高松市内では、積雪のために配電線が切れ、1万戸以上の過程が停電した。また、兵庫町・片原町商店街のアーケードが倒壊した。消防職員や消防団員は、徹夜で負傷者の救出や警戒に当たった。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
高松百年史編集室編「高松百年史 下巻」(高松市、1989年)、608-609頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
大雪
NO.
香川5039

よく似た災害

昭和43年の大雪

昭和43年(1968)2月15日、大雪により、積雪が20~30cmとなった。高松市の兵庫町・片原町のアーケードが雪の重圧で倒壊した。 続きを読む

昭和44年の大雪

昭和44年(1969)3月13日、前年を上回る大雪となった。県下の積雪は20~40cmとなり、交通機関は完全にまひし、4万2,000戸が停電した。商店... 続きを読む

昭和43年の大雪

昭和43年(1968)2月15日、大雪により、山間部では1mの積雪となった。高松では商店街のアーケードが倒れ、多くの被害を出した。 続きを読む

昭和42年の大雪

昭和42年(1967)積雪により落ちた七間橋通りのアーケード。(写真1枚) 続きを読む

昭和43年の大雪

昭和43年(1968)2月15日、大雪、積雪15.9cm。志島ヶ原の松20本倒れる。常盤町4丁目のアーケード落下。(「新今治市誌」による) 続きを読む