文政12年の洪水

災害年月日
1829年08月16日
市町村
香川県高松市
災害種類
風水害  
概要
文政12年(1829)7月17日~18日の洪水により、安原の岩部で、家屋7軒、人11人、牛2匹、馬1匹、田5反7畝が流失した。(木徳村津島所蔵文書による)
地理院地図
Googleマップ
参考文献
一宮郷土誌編集委員会編「さぬき一宮郷土誌」(一宮郷土誌編集委員会、1990年)、342-343頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
洪水 安原 死者
NO.
香川5109

よく似た災害

昭和36年の第二室戸台風

昭和36年(1961)9月16日、第二室戸台風により市場町の被害多大。(徳島県気象台所蔵文書による) 続きを読む

康安元年/正平16年の地震

康安元年/正平16年(1361)の海溢、正興寺所蔵文書には記せしも、考証すべき他の材料なし。 続きを読む

文政5年の洪水

文政5年(1822)6月、内川で大洪水があり、井手框が流損し、堰構築の資材が流失した。 続きを読む

文政5年の洪水

文政5年(1822)6月、内川で大洪水があり、井手框が流損し、堰構築の資材が流失した。 続きを読む

文政9年の台風

文政9年(1826)秋、台風により、郷東の香西道の北堤防が50間決壊し、東新開の耕地2町歩、民家3戸流失、7戸が浸水した。また、海岸堤防は50間決壊し... 続きを読む