明治32年の台風

災害年月日
1899年08月28日
市町村
香川県高松市
災害種類
風水害  
概要
明治32年(1899)8月28日、風速52m超の台風により、県下では死者340人、負傷者971人、家屋の倒壊14,320戸の被害が出た。近くでは安原の中徳小学校の校舎1棟が倒れ、一宮村では随神門が倒壊し、組合立高等小学校も倒れた。ただし、強風が吹いたのは比較的短時間であったため、農作物の被害は割合に軽微であった。三谷では官有林が風折れで損木となったほか、家の倒壊が多かった。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
三谷郷土史編集委員会編「三谷郷土史」(三谷郷土史編集委員会、1988年)、611-613頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 安原中徳小学校 一宮随神門
NO.
香川5126

よく似た災害

明治32年の台風

明治32年(1899)8月28日、台風により一宮は相当ひどい損害を被った。風速53mの強風が吹いたため、田村神社の随神門が倒壊し、組合立高等小学校も倒... 続きを読む

明治41年の豪雨

明治41年(1908)8月10日、前線の南下に伴い、松山では15時より雷雨となった。中予から南予にかけて比較的短時間に100ミリ前後の強雨となり、水害... 続きを読む

明治32年の台風

明治32年(1899)8月28日、台風が香川県西部を通過し、中部で災害が多発し、香川県下で死者・行方不明317人、家屋全半壊7,497戸の被害を出した... 続きを読む

昭和30年の豪雨

昭和30年(1955)6月18日から19日にかけて、比較的短時間に県下各地で100~150ミリに達する豪雨があり、かなり被害を受けた。 続きを読む

明治32年の台風

明治32年(1899)8月26日午後9時に、台風の最低気圧は724.4ミリで、風速52.5m/秒に達した。県下の倒壊家屋は14,320戸、死者340人... 続きを読む