明治30年9月の台風

災害年月日
1897年09月29日
市町村
香川県
災害種類
風水害  
概要
明治30年(1897)9月29日、台風が6時に九州西沖、13時に熊本付近、17時に四国西端、19時に多度津付近を過ぎ、東海道に去った。県内の平野部で200ミリ内外の降雨があったが、山間部の雨量はやや少なかったため大洪水にはならなかった。(多度津測候所「香川県管内気象年報」による)/大水害。(「高松市史年表」による)/多度津の最大風速は北西18.8m/秒であった。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
高松地方気象台編「香川県気象災害誌」(香川県防災気象連絡会、1966年)、12頁
情報源の種類
災害記録、災害体験集
キーワード
台風 香川県管内気象年報 水害 高松市史年表
NO.
香川5220

よく似た災害

明治37年8月の台風

明治37年(1904)8月31日、台風が室戸岬付近に上陸し、徳島県内を通り、姫路付近から日本海に抜けた。強風はなかったが、雨量は一日に350ミリに達し... 続きを読む

明治37年8月の台風

明治37年(1904)8月31日、台風が室戸岬付近に上陸し、徳島県内を通り、姫路付近から日本海に抜けた。強風はなかったが、雨量は一日に350ミリに達し... 続きを読む

明治37年8月の台風

明治37年(1904)8月31日、台風が室戸岬付近に上陸し、徳島県内を通り、姫路付近から日本海に抜けた。強風はなかったが、雨量は一日に350ミリに達し... 続きを読む

明治30年の大雨

明治30年(1897)9月29日、多度津測候所の観測によると、一日雨量が184ミリに達する大雨となったが、雨は沿海地に集中し、南方山岳部は少なく、前年... 続きを読む

大正9年8月の台風

大正9年(1920)8月20日~21日、台風。この台風は暴風時間が短かったことと、雨量が比較的少なかったため大した被害はなかったが、果樹、野菜と多少の... 続きを読む