安政元年の地震

災害年月日
1854年11月24日
市町村
愛媛県愛南町(一本松町)
災害種類
地震・津波  
概要
安政元年(1854)11月、大地震あり、外海浦に津波あり。鳴動は数日に及ぶ。人々は天地にその鎮撫を祈った。 一本松町正木の「蕨岡家文書」によると、11月5日申の下刻(午後4時頃)に大地震が発生し、夜中まで14、5度も揺れたという。また、海辺では津波の被害がひどく、深浦では舟中の101人が遭難し、宿毛では家が数軒流されたなどと記されている。
地理院地図
Googleマップ
備考
「一本松町史」によると深浦で101人の遭難者が出たことになっているが、その元資料の「蕨岡家文書」では「而壱人」となっていることから、「百壱人」は「而壱人」の読み間違えであり、実際には遭難者は1人であると考えられるとの指摘がある。
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
一本松町史編集委員会編「一本松町史」(一本松町、1979年)、63頁及び341頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
安政地震 津波 深浦 死者 蕨岡家文書
NO.
愛媛413

よく似た災害

安政元年の地震

image

安政元年(1854)11月4日朝辰の下刻(午前9時頃)、大地震があり、5日夜明けまで5、6度揺れ、人々は林藪に逃げる。5日午後3時頃と8時頃に大地震が... 続きを読む

安政元年の地震

image

安政元年(1854)11月4日午前9時頃、大地震があったが異変はなく、翌5日夕方に大震動とともに、家は壊れ、山が崩れた。震動が止むと、海岸地帯では津波... 続きを読む

安政元年の地震

安政元年(1854)11月4日朝、強い地震があり、さらに夕方、山鳴りとともに大地震が起きて、大きな山崩れが起こった。5日も大地震があり、余震が7日間続... 続きを読む

安政元年の地震

安政元年(1854)11月4日朝辰の下刻(午前9時頃)、大地震あり。5日午前3時頃、大地震となり、その後も大震が続いた。加えて沿岸地方では大津波の襲来... 続きを読む

安政元年の地震

安政元年(1854)11月4日朝辰の下刻(午前9時頃)、大地震あり。5日午前3時頃、大地震となり、その後も大震が続いた。加えて沿岸地方では大津波の襲来... 続きを読む