大正3年9月の台風

災害年月日
1914年09月14日
市町村
香川県
災害種類
風水害  
概要
大正3年(1914)9月14日9時頃、台風が松山付近を通過し、瀬戸内海及び中国を斜めに横切り、同夜能登半島をかすめて日本海に出た。この台風は大変強大で、その経路付近では風雨が激しく、大きな被害があった。(気象庁「気象要覧」による)/県内の雨量10~60ミリ。(月表による)/多度津の最大風速は南西20.1m/秒であった。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
高松地方気象台編「香川県気象災害誌」(香川県防災気象連絡会、1966年)、20頁
情報源の種類
災害記録、災害体験集
キーワード
台風 気象要覧
NO.
香川5259

よく似た災害

明治44年の台風

明治44年(1911)6月19日、8月15日、9月21日の3回の台風により、大きな被害があった。(「香川県気象災害史」、「香川県気象史料」、「香川県防... 続きを読む

大正6年の台風

大正6年(1917)夏から秋にかけて、台風による風水害で、大きな被害が出た。(「香川県気象災害史」、「香川県気象史料」、「香川県防災気象要覧」等による... 続きを読む

大正6年10月の台風

大正6年(1917)10月10日~11日、台風による風雨は県東部で強く、その損害も東部で大きかった。大川郡相生村(引田町)ではため池の堤防が決壊して、... 続きを読む

大正9年9月の台風

大正9年(1920)9月30日、台風による香川県への風雨の被害がなかったが、沿岸一帯では高潮が起こり、高松港では30日の最高潮位は11尺8寸に達し、低... 続きを読む

大正元年の洪水

大正元年(1912)9月22日朝から大雨が降り出し、風も次第に強くなり、夜にはますます激しくなった。丸亀では清水で土器川の堤防が決壊して、深さ5尺(約... 続きを読む