大正4年10月の台風

災害年月日
1915年10月07日
市町村
香川県
災害種類
風水害  
概要
大正4年(1915)10月7日~8日の台風は、本県では風は強くならず、雨も比較的少なかったため被害は軽微であったが、諸所の農作物が倒伏して、幾分の被害があった。また、7日夜、丸亀市の海岸で浸水があり、民家約20戸に被害があった。このほか、木田郡牟礼村大字大町の波止場約20間の破壊、高松港内での汽船の衝突、多度津港内での帆船1艘の沈没、木田郡潟元村(高松市)の沿海での小廻船と上荷船各1艘の破壊があった。(気象庁「気象要覧」による)/多度津の最大風速は西南西25.7m/秒であった。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
高松地方気象台編「香川県気象災害誌」(香川県防災気象連絡会、1966年)、22頁
情報源の種類
災害記録、災害体験集
キーワード
台風 汽船衝突 船舶沈没 気象要覧
NO.
香川5270

よく似た災害

大正13年10月の台風

大正13年(1924)10月8日、台風により、香川県内では大川郡の被害が最も多く、橋の流失、堤防等の被害があった。県内の雨量は10~150ミリであった... 続きを読む

大正元年9月の台風

大正元年(1912)9月22日~23日、台風により、県内では約40時間降雨が続いた。このため、河川は増水氾濫して大水害を起こし、人畜の死傷、田畑の流失... 続きを読む

大正6年11月の強風

大正6年(1917)11月5日早朝、暴風が特に西讃方面で強く、陸上では稲籾が落ちて多少の被害が出た。海上では丸亀市沖で帆船及び漁船各1艘が難破し、高松... 続きを読む

大正9年9月の台風

大正9年(1920)9月30日、台風による香川県への風雨の被害がなかったが、沿岸一帯では高潮が起こり、高松港では30日の最高潮位は11尺8寸に達し、低... 続きを読む

大正9年8月の台風

大正9年(1920)8月20日~21日、台風。この台風は暴風時間が短かったことと、雨量が比較的少なかったため大した被害はなかったが、果樹、野菜と多少の... 続きを読む